RESEARCH&DEVELOPMENT

研究開発

お客様のニーズに適合する
環境プラント開発センター

自社に研究棟を有し、時代とともに変化し続ける処理対象物の発熱量、元素分析、重金属の溶出試験などを測定してプラント設計にフィードバックしています。計量証明事業登録(石川県 第39号)も行い、迅速で正確な分析でお客様のニーズに対応しています。 また、再生可能エネルギー研究センターを新たに設立し、東京大学先端科学技術センターとの共同開発で、次世代の素子を用いた追尾集光型太陽光発電装置と熱電発電装置のハイブリッド発電装置を開発しています。太陽光からの発電だけでなく、熱エネルギーも回収することで、一般の太陽光発電に比べて2倍以上のエネルギーが得られます。太陽光から得られた熱エネルギーは、加温を必要とする温室などに化石燃料の代わりとして供給し、CO2を排出しない温室栽培を目標に実証実験を進めています。

開発研究
research content

研究内容

  • 協力機関: 国立大学法人 岐阜大学
    高効率無触媒脱硝技術の開発

    排ガス中のNOx(窒素酸化物)を触媒なしに高効率で除去する技術開発を行っています。実プラント(R&Dセンター)での実証試験中です。

  • 協力機関: 石川県環境部、中能登町、国立大学法人 金沢大学
    マイクロ波によるメタン発酵前処理技術の開発

    メタン発酵に用いる脱水汚泥にマイクロ波を照射することで、バイオガス発生量を大幅に増やすことに成功しました。平成28年度に第1号機を石川県中能登町に設置します。

  • 協力機関: 国立研究開発法人 森林総合研究所、三洋貿易株式会社
    トレファクション技術の開発

    日本で初めてのトレファクションペレットの量産試験を、神奈川県のテストプラントで行っています。新たなバイオマス燃料の可能性を検証しています。

  • 協力機関: 国立大学法人 宇都宮大学
    R&Dセンター エコビレッジ実証事業

    平成28年度に環境省の補助金を受けて、エコビレッジの実証施設を栃木県のR&Dセンターに建設します。ここでは、実際に稼働中の焼却炉の排熱を利用して、高付加価値農産物の生産、陸上養殖の実証事業を行います。

  • 協力機関: 石川県公立大学法人 石川県立大学
    石川県立大学 アクトリー・エコビレッジ創成学講座

    石川県立大学に焼却炉の廃熱利用を想定した、空調完備の温室を設置。ここで、石川県のブランドぶどう「ルビーロマン」など、付加価値の高い農産物の生産方法について取り組んでいます。

ECO VILLAGE CONCEPT

エコビレッジ構想

未来の環境を守る
画期的な「エコビレッジ構想」

21世紀の地球は、驚異的な人口増加で水や食糧、さまざまな資源不足の不足が予想される一方、新興国の急激な経済発展で自然破壊や環境汚染への懸念も深まっています。「環境創造企業」のアクトリーは、未来の地球を救うために画期的なプロジェクト「エコビレッジ構想」を提案。廃棄物の焼却によって得た熱エネルギーのサーマルリサイクルと太陽光発電をエネルギー源として、電気や温水などを作り出し、「焼却設備=エネルギー供給センター」を中心とした未来都市の実現を夢見ています。平成24年には石川県立大学にて寄付講座「アクトリーエコビレッジ創成学講座」を開講しました。

ANALYSIS EQUIPMENT

所有する主な分析装置

  • 電界放出形走査電子顕微鏡(FE-SEM)
  • 走査電子顕微鏡(X線分析装置付)
  • 蛍光X線分析機(XRF)
  • 粉末X線解析(XRD)
  • 示差熱熱重量同時測定装置(TG/DTA)
  • 示差走査熱量測定装置(DSC)
  • 熱機械分析装置(TMA)
  • 比表面積計
  • カロリーメーター
  • 誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)
  • 高速液体カラムクロマトグラフ(HPLC)
  • イオンクロマトグラフ
  • ガスクロマトグラフ(GC)
  • ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)
  • 誘導結合プラズマ発光分光分析装置(ICP-AES)
  • ゼーマン式原子吸光分析装置
  • 分光光度計
  • PHメーター
  • 燃焼排ガス用 NOx-O2測定装置
  • 赤外線SO2測定装置
  • 赤外線ガス濃度測定装置